デザイナーズブランドはカッコイイ?

On 2014年6月1日, in 土地・建物, by admin

バブル崩壊以降、新築住宅の受注は減少し、昨今は中古住宅を購入しリノベーションする方が多くなっています。
戸建て住宅だけではなく、マンションも同じ様に、中古マンションを安く購入し、リノベーションして自分流の暮らし向きを楽しむこともできます。

リノベーションの人気が高まり、築年数が古くなった賃貸物件もデザイナーズでリノベーションし、空室を埋めていくというやり方も、最近は多く見受けられます。

通常の賃貸物件に比べ、デザイナーズ物件は家賃が高いのが当たり前です。
特に、若い人や女性には、魅力的な物件と言えましょう。

建築デザイナーの設計に基づいて建てられてた、分譲及び賃貸の中高層集合住宅をデザイナーズ マンションと呼びます。
また、新しい流行語もあります。有名な建築家などが、旅館のコンセプトに基づいてデザインし、プロデュースした温泉をデザイナーズ温泉もしくは、デザイナーズ旅館などです。

デザイナーズ賃貸物件やデザイナーズマンション、デザイナーズ旅館などのように、デザイナーのセンスを前面に打ち出したブランドをデザイナーズブランドと呼び、流通産業界の一役を担っています。
流通産業は、たとえば、卸売業、小売業、倉庫業などのことで、生産者と消費者の中間で、仲介的役割を果たしている産業を示します。

これからは、さまざまな業界で、デザイナーズということばを使った新しいものが誕生していくことでしょう。